山羊チーズ造り

先週近くの中学生たちが山羊の乳の飲み比べに来ました。

一頭には青草ばかり、もう一頭には干草ばかりを三日やり、皆で飲み比べをしました。結果は、両方とも美味しかった、干草の方が濃いかったが、青草の方がサラッとしていて飲みやすかった、と言うことに成りました。

同じ青草でも、春から夏にかけての、草と秋の草の違いがはっきり分かりました。

ちょうど今、フランスから来ている、ウーファーさんとずっと一緒に居るAPUの兄ちゃんが、その乳でチーズつくりをしました。今その途中です。

絞りたてのミルクにレンネットを入れて一晩置き、凝固させて水分を取ってだんだん硬くして行きます。

正直私には、チーズの本当の美味しさは良く分かりませんが、フランス兄ちゃんは、良い香りのができそうだそうです。

『フランスには、台風も地震も、火山の噴火も無いけれど、臭いチーズはいっぱいあるよ」と言ってます。どんな味のチーズができるか楽しみです。