人肌恋しい季節

九月に入って、朝晩とても涼しくなりました。

うけのくちの温泉帰りに毎夜見る温度計が十度台になっています。

 こんな夜、特に明け方は、独り寝していると寒さで目が覚め、他人(ひと)の寝ている暖かい布団にもぐりたくなります。

今日近所の若い人と「人肌恋しい季節になったネ」とそんな話をしていたら

若い人曰く「僕は季節に関係なく何時も人肌恋しいヨ」。。。だって。

 人肌の恋しさに季節を感じるのは、年齢差があるのか?と改めて思いました。 そういえば自分も若いときはそんなこと感じなかった様な気がした。

  う~~~ん、なんだか歯痒い、気がした。

 

今夜蜂の巣取りに行って、夕立雨に濡れた屋根が滑って危うく落ちそうになった、脚立は落ちて大きな一枚ガラスを割ってしまった。

おとといの夜は、左腕を刺された、今シーズンになって今夜で22個蜂の巣を取った。これからもう少し慎重に頑張ろう。